全国のYSP活動 (2019年3月度)

春の陽気が漂い始めた3月もインドネシアの海外プロジェクトやさまざまなプロジェクトが全国各地行われました。

全国で25のプロジェクトが開催され、600人を超える青年たちが活動しました。
そのうちの4つを紹介いたします。

★チャリティーイベント フットサル (YSP宮城連合会)

【YSP-Japan】Charity Futsal Game on March 20.jpg

青年が集まり、チャリティーイベントとしてフットサル大会を行いました。
学生は勉強、家庭を持っている人は育児と仕事ということで、なかなか動く機会はないということで、いい機会になりました。

今回初めてということもあり、初めて会う人もおりいい交流の場になりました。
チャリティー企画ということで参加費の一部をユニセフ協会に寄付させていただきます。
今回集まった寄付金は¥4700でした。ありがとうございます。

「また参加来たい」「自分たちがこうやって集まることで世界の人たちが救われていると思うといい」、「休日に参加したかった」という感想を頂きました。今後も小さな活動かもしれませんが続けていき、多くの人の為に頑張りたいと思います。

今後の目標としては他のチームと対戦していきながら親睦を深めていき、私たちの活動に興味を持っていただき『人類一家族世界』を目指していきたいと思います。

★Global Youth Project in インドネシア 2019

【YSP-Japan】World Peace Forest on March 9-17, 2019 (1).JPG

YSPの海外プロジェクト「Global Youth Project in インドネシア2019」が3月9日から17日の日程で開催され、日本からは10名の大学生や社会人が参加し、環境保護の植林プロジェクトに臨みました。

また、現地の高校生との交流や日本文化のクラス、ホームステイ体験、インドネシアの異文化体験、また熱帯雨林散策や絶滅危惧種オラウータンとの出会いなどさまざまな体験をする機会になりました。ツアーを通して自然の尊さや地球環境問題の深刻さを身近にとらえ、地球の未来を守るためにできることは何かを考える時間となりました。

インドネシアプロジェクトの報告記事の詳細はYSP-JapanのWebsiteをご覧ください。
http://ysp-j.org/global_youth_project_in_indonesia_2019

★SDGsカフェ (YSP秋田連合会)

【YSP-Japan】SDGs cafe on March 23 (1).jpg

3月23日、第1回目となるSDGsカフェを開催しました。このイベントは、2月に行った提言AKITAから始まり、日本でのSDGsへの関心が低いことに問題意識を持った大学生を中心に、SDGsへの認知度アップを目的として企画されました。


今回は、アジェンダ1の「貧困問題」をテーマに行いました。最初に貧困問題に対する問題提起があり、それに基づいて2グループに分かれてディスカッションやワークを行いました。参加者からは「普段なかなか考えないことを考えるきっかけになった」といった感想をいただきました。

★第3回ミライメーカークリーンウォーキング (YSP南愛知連合会)

【YSP-Japan】Clean Walking on March 10 (3).jpg


昨年10月21日に行われたHJ未来フェスから出発した『ミライメーカー1万名プロジェクト』の中の一つ、「クリーンウォーキング」も今回で第3回目となりました。

YSP南愛知連合会では、第一回目は40名、第二回目は60名、そして今回第三回目は107名参加と、やるたびに参加者が拡大しており大きなプロジェクトとして成長してきました。

次回、第四回目は他団体とも協力して行う計画を立てて準備を進めています。

スローガンである【日本一元気な愛知を創る!】をモットーに今後も地域社会に、愛知県に、日本に、影響を与えていけるようなプロジェクトを目指して取り組んでいきます。

その他の活動はYSP Websiteをご覧ください。
全国の活動リポートはこちら:http://ysp-j.org/archives/category/local_activity



この記事へのコメント