全国のYSP活動 (2019年2月度)

ネパールの海外プロジェクトやユース・フェスティバル、さまざまなプロジェクトが全国各地行われた2月。

全国で20のプロジェクト(2つのYouth Festivalを含む)が開催され、1100人を超える青年たちが活動しました。
そのうちの4つを紹介いたします。

★提言Akita (YSP秋田連合会)
Teigen Akita.jpg
YSP秋田連合会主催で「提言AKITA」を開催しました。当日は105人の青年・学生が集いました。
秋田を発展させるためのプロジェクトを立案するというコンセプトで企画し、青年から2チーム、中高生で1チームをつくり、3チームがプレゼン形式でスピーチを発表しました。

参加者の感想
・秋田を変えたいと思っている人がこんなにもいるということ。
自分らの今後の活動の刺激にもなりました。(高校生)

★Global Youth Project in ネパール 2019
GYP Nepal (1).jpg
YSPの海外プロジェクト「Global Youth Project in ネパール2019」が2月11日から17日の日程で開催され、日本からは7名に大学生や社会人が参加し、ネパールの教育支援に臨みました。

今回は、各学校での日本文化のクラス、ホームステイ体験、ヒマラヤを見渡すトレッキング、そしてネパール人学生によるプレゼンイベントS!NERGYの開催など様々なプログラムを行いました。ツアーを通してネパールの文化や現状を学ぶだけでなく、日本人である自分たちがすべきことを考える期間となりました。

ネパールプロジェクトの報告記事の詳細はYSP-JapanのWebsiteをご覧ください。
http://ysp-j.org/international_project/global_youth_project_in_nepal_2019

★High Peace キャンペーン (YSP Korea &Japan)
High Peace campaign.jpg

2月26日、日韓友好と両国の平和を願う「High Peace キャンペーン」がYSP-JapanとYSP-Koreaの共催で開催され、日本と韓国の青年・学生1200人が集まりました。政治的に冷え込みを見せる日韓関係ですが、二カ国の結束はアジアの平和のためには不可欠です。

キャンペーンの前に行われた「韓日YSP平和出帆式」では、日本と韓国を代表する青年が互いに「韓日の青年たちが、過去100年間の歪んだ歴史を克服しよう」「韓日未来世代は過去の重荷をおろし、未来の希望に向かって進もう」と強調し、平和のための青年との交流を呼びかけました。

その後、ソウル市内近郊14か所にて、日本と韓国の青年がチームを組み、両国の平和を願う100万人署名活動開始し、多くの署名を頂くことができました。

★子育てママの会 (YSP熊本連合会)
IMG_0037.JPG
子育てママの会を行いました。当日は乳幼児を抱える5家庭のお母さん方が集まり、有識者のかたとともに勉強会をを行いました。

心理テスト、クイズ、すごろく等の項目でゲームを行なったり、皆で「あなただったらどうする?」のディスカッションをして子育てについて深める機会をもちました。

子育てについて実際のケースを考えたり、皆で共有したりすることでママさんにとっても非常に有意義な時間となっていたようでした。

●参加者の感想
・子供の気持ちをよくくみ取ってあげることの大切さを学びました。また子育てママ同士でお話しができたことも楽しかったです。

その他の活動はYSP Websiteをご覧ください。
全国の活動リポートはこちら:http://ysp-j.org/archives/category/local_activity


この記事へのコメント